fc2ブログ

おばあちゃんの言葉 

こんばんは、ゆいなです。やっぱり熱っぽい。。^^;
喉も痛いし、完全に風邪引きました。満員電車がいけなかった・・・?
明日もお出かけ予定なのですが、行けるかな・・(苦笑)

体温計は結局買い換えることにしました。
ちゃんと計れているのか、かなり疑問でしたからね~(笑)



さてさて、昨日のお話の続きなのですが、ボランティアの会場に行く前のお話です。

私は場所を知らなかったので、
待ち合わせのバス停で他の参加者の到着を待っていました。

ひとりでいると、緊張で手が震えるし、頭真っ白。
ため息ばかりついてました。

そんなとき、上品そうなおばあちゃんがバス停にやってきて、話しかけてきました。

「バスに乗るの?」
「いえ、ここで待ち合わせしているんです」

そうかそうか、とおばあちゃんは笑って、
自分はこれから久しぶりに友達に会いに行くんだよ、と言ってました。

しきりに、
「この服へんじゃない?」「違うのにすればよかったかな」
「こんなに暑いんだたら、一枚脱いでくればよかった」と気にしつつも、
とても嬉しそうに笑ってました。

そして、懐かしそうに目を細めて、
「若いときにはいろんなことをして、いろんな経験をしておきなさい。
年取ってからじゃあ、できないからね」
昔はこんなこともしたよ、あんなこともしたよ、と聞かせてくれました。

おばあちゃんの一言一言はどれも暖かく、
話しているうちに私の緊張も少しずつ溶けてきました。


話が一段落したところで、
私が待っていた方が来て、同時におばあちゃんが乗る予定のバスも来ました。
おばあちゃんはそれに乗り、私たちは別れました。


とても綺麗な瞳で、まっすぐ前を見ていたおばあちゃん。
楽しいことも苦しいこともたくさん経験して、
自分の人生に誇りを持っているおばあちゃん。

年を取ったら、あんなおばあちゃんになりたいなぁ、と思うほど、
素敵なおばあちゃんにお会いできて、幸せな気分になりました。^^

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuinasblog.blog109.fc2.com/tb.php/13-06cd6d3f

  1. 無料アクセス解析